- Blog記事一覧 -つくば市 整体・鍼灸情報【右側の坐骨神経痛(事例)】

つくば市 整体・鍼灸情報【右側の坐骨神経痛(事例)】

2018.10.21 | Category: 症状記事

【坐骨神経痛】

坐骨神経痛

【これまでの経過】

1ヶ月前から、ぎっくり腰のような感じで腰を痛め、それ以来、右のお尻から足首にかけて痛みが続いている。1ヶ月の間、痛みの程度は落ちることはなく、逆に辛くなっている。
姿勢についても、痛みの影響でまっすぐに立てず、カラダが曲がってしまう状態。

リーフ治療院に来る前に、整形外科で検査を行ったが、骨には異常がないとの診断。

これまでに、整体や鍼灸の施術を受けたことはない。

【行った施術】

腰から足にかけての痛みの影響で、ベッドに寝れない状態でしたので、初めは立った姿勢で整体施術を行いました。

施術を数分続けると、少し筋肉の緊張が緩み、その後はベッドに寝た状態で整体施術を行えるようになりましたが、長時間の同一姿勢での施術は、カラダに負担がかかるため、5分くらいの時間で行いました。

その後、横向きの姿勢も取れる状態になりましたので、右の腰からお尻、足首にかけての筋肉に鍼灸施術を行いました。

初回は、これで終了。

2回目、3回目と5日間隔で施術を行い、少しづつ筋肉の緊張が緩和していきました。

5回目の施術時には、まっすぐ立てるようになり、痛みも楽になってきたとのことでした。

小さいお子さんがいらっしゃる方で、坐骨神経痛の症状が出てからは、抱っこも出来ない状態でしたので、早く抱っこが出来るようになりたいとおっしゃっていました。

その後1週間間隔で施術を行い、7回目の施術の頃にはかなり回復し、お子さんを抱っこしても問題ない状態になりました。

かなり状態も良くなってきましたので、経過をみることになりました。

【考察】

今回の方の場合、姿勢が歪むほどの筋緊張があり、特にお尻の筋肉に強く現れていました。

こういった場合は、無意識に起こっている防御反射を解決していく必要があります。原因となっている場所を調整していくと、カラダに緩みが出てきます。

坐骨神経痛の原因は、ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など様々ありますが、緩みを出してあげることで、症状の寛解に向かっていきます。

坐骨神経痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひリーフ治療院にご相談下さい。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(坐骨神経痛でお悩みの方)
https://leaf-tiryouin.com/zakotushinkeituu


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております