- Blog記事一覧 -つくば市 整体鍼灸情報【便秘について】

つくば市 整体鍼灸情報【便秘について】

2017.10.03 | Category: 症状記事

こんばんは!リーフ治療院つくば本店、院長の根本です!

本日は、「便秘」のお話。

お腹の痛み

便秘の種類は大きく分けて、「器質性便秘」と「機能性便秘」の2つに分けられます。

器質性便秘」は、原因が分かっている場合が多い便秘です。大腸や肛門などに問題があることで起こるタイプです。

機能性便秘」は、大腸などの機能がうまく働かないために起こる便秘です。機能性便秘の場合、何かしらの原因によって腸の運動低下、腸のけいれん、便を押し出す力の低下などがみられます。原因としては、糖尿病や甲状腺機能異常などの疾患や食事、ストレスからくる自律神経の乱れなどの問題が考えられます。

今回は機能性便秘の改善方法について、一つお伝えしていきます。

機能性便秘は、「日常生活の見直し」が最も重要になってきます。例えば、カラダの循環を落とさないことや習慣的な運動、バランスの取れた食事、水分補給、ストレスの解消などを行っていくことが必要です。

「便秘だから、食物繊維を摂ると良いよ!」という話をよく耳にします。

確かに食物繊維は、とても重要です。

しかし、食物繊維の摂り方で便秘をさらに悪化させている場合もあります。

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

水溶性食物繊維」は水に溶ける食物繊維で、粘液性を高めます。糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の上昇を抑えたり、食べ過ぎを防ぐ働きなどがあります。

不溶性食物繊維」は水に溶けにくい食物繊維で、消化器での水分吸収を増やす働きがあります。そして、腸の蠕動運動を促して便通を良くします。

この2つの食物繊維をバランス良く摂れていれば良いのですが、

例えば、便秘の種類にもよりますが、不溶性食物繊維を過剰に摂っていると、便が硬くなり便秘を悪化させることがあります。

ですので、まずは2つの食物繊維をバランス良く摂ることが重要です。出来れば、水溶性食物繊維に比べて、不溶性食物繊維を多く摂ると良いです。

そしてもう一つ重要なのが、「水分摂取」です。特に不溶性食物繊維が過剰になっている時には、必要になってきます。

便秘でお悩みの方は「バランスの取れた食物繊維摂取」と「十分な水分摂取」を是非気を付けてみて下さい!

リーフ治療院では、自律神経系の調整を行うことで、便秘を改善していきます。
なかなか便秘が良くならない方は、一度リーフ治療院までご相談下さい。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
https://leaf-tiryouin.com/


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております