- Blog記事一覧 -坐骨神経痛の整体・鍼灸 リーフ治療院つくば

坐骨神経痛の整体・鍼灸 リーフ治療院つくば

2017.08.21 | Category: 症状記事

【20代 男性 会社員】

【腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア】

腰痛

来院した時は、右臀部から足部にかけてのしびれと腰を前屈した時の痛みがあった。腰の可動域制限もあり、前屈することが困難だった。整形外科では、腰椎椎間板ヘルニアと診断され、ロキソニンを服用していた。仕事中はカラダを動かし重い物を持つことが多く、仕事に影響が出ていた。また冷えてくると右臀部に辛さが強く出ていた。

(初回の来院時)
施術前の検査では
・背骨全体の硬さ
・左仙腸関節の硬さ
・両肩関節の可動域制限
・腰の左右回旋制限
・左肋骨の硬さ
・右足首の硬さ
が主にみられた。

(1回目の施術)
膜調整と内臓調整、頭蓋骨調整を行い、まずはカラダ全体の緩みを出すことを目標に施術を行う。初回の施術後、背骨の硬さが取れてカラダに緩みが出た。また腰の回旋動作も改善した。

(2回目の施術)
前回の施術から1週間後に2回目の施術を行った。腰の痛みは、前回よりかなり楽になったとのこと。ここ1週間気付いたこととして、夜寝ている時に、右下肢全体の筋肉がピクピクするような感じがあるとのこと。

カラダの状態としては
・上部の背骨には緩みが出ていたが、腰椎のみに硬さがある。
・腰の前屈検査で、指先から床までの距離が37センチ。
・左仙腸関節の硬さ
が主にみられた。

(3回目の施術)
今回来院した時には、腰と下肢の辛さは無くなっていた。
カラダの状態としては、背骨の硬さも無くなり、緩んでいる状態だった。まだ右足首の硬さが取りきれていなかったので、調整を行った。
次回から施術の頻度を2週間に1回のペースに広げた。

(9回目の施術)
この時点で、腰や下肢に痛みやしびれが出ることは全く無し。
当初、腰の前屈が37センチだったが、20センチまで改善した。

(15回目の施術)
腰の前屈が10センチまで柔らかくなり、とても良い状態。仕事や日常の疲れも考慮し、月に1回のメンテナンス施術を行いながら、健康な状態をキープしている。

※こちらの内容は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

[考察]
腰から右下肢にかけてのしびれや痛みは、ヘルニアによるものだが、そもそも腰に炎症を起こしたカラダの歪みが根本にあると考える。歪みを調整することで、腰への負担が軽減し、症状が改善した。不良姿勢での生活、低下した疲労の回復力、乱れた食事を見直すことが、改善までの一番の近道だと考えます。

リーフ治療院では整体や鍼灸施術のほかに、「食事」「睡眠」「運動」が不調改善のためには必要なことだと考えております。

私達は、一切出し惜しみすることなく、持っている全ての知識を、お一人お一人のカラダの状態に合わせて、細かくお伝えしていきます。

坐骨神経痛、腰部椎間板ヘルニアで本当にお悩みの方は、是非ご相談下さい。私達が責任を持って施術いたします。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
https://leaf-tiryouin.com/
(足のしびれでお悩みの方)
https://leaf-tiryouin.com/shibire
(腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方)
https://leaf-tiryouin.com/hernia


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております