- Blog記事一覧 -つくば市 自律神経の整体鍼灸情報【必要な栄養素】

つくば市 自律神経の整体鍼灸情報【必要な栄養素】

2018.06.20 | Category: 自律神経系の記事

こんにちは!リーフ治療院つくば本店、院長の根本です!

本日は、自律神経の乱れに必要な栄養素についてお伝えしていきたいと思います。

緑黄色野菜

今回お伝えするのは、3つです。

ビタミンB
カルシウム
糖質

【ビタミンB群】

ビタミンB群には、B1、B2、B6、B12などが挙げられます。

このビタミンB群は、自律神経系に対して必要な栄養素です。特にB1、B6、B12は、神経に関わるビタミンとして考えられています。

ビタミンBが多く含まれている食品としては、

・レバー
・豚肉
・魚類
・大豆
・玄米
・緑黄色野菜

などが挙げられます。

【カルシウム】

カルシウムは、骨や歯、体液、筋肉などに存在する成分です。

そのほとんどは、骨や歯に存在しています。
割合で言うと、「約99%」。

その他の約1%は、体液や筋肉に存在し、神経筋肉の働きに大きく関わっています。

カルシウムは、神経の興奮を抑え、精神面を整える働きがあると言われています。また筋肉の活動にも影響を与えていますので、不足することで、カラダの動きに不具合が出る可能性も考えられます。

カルシウムの摂取方法としては、カルシウムだけを摂るのではなく、ビタミンDやマグネシウムと一緒に摂取することで、吸収などの効率が良くなってきます。

カルシウムが多く含まれる食品としては、

・小魚
・乳製品
・大豆製品
・海藻類
・緑黄色野菜

などです。

【糖質】

糖質に関しては、極力制限することをおすすめします。

過剰な糖質摂取は、カラダに負担をかけ、循環低下の一因となってきます。また、糖質過多になることで、神経の働きに必要なカルシウムなどのミネラルが、いつも以上に使われてしまうことが考えられます。

全ての糖質が、過剰にならないように気をつけることは大切ですが、血糖値の上がり下がりが激しい甘いお菓子や清涼飲料水などには特に気をつけた方が良いと思います。

【体質を良くするためには】

食事はカラダの基礎を作る大切な習慣です。

現代社会は、糖質や添加物など、カラダに負担のかかる食生活にシフトしてきています。

偏った食生活をしていると、カラダのバランスが崩れ、自律神経系に乱れを生じさせることがあります。

不調がなかなか良くならない方は、一度、食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

リーフ治療院では、自律神経の乱れに対する整体、鍼灸の施術を行っています。

自律神経からくる不調でお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
https://leaf-tiryouin.com/
(自律神経失調症でお悩みの方)
https://leaf-tiryouin.com/jiritsu


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております