- Blog記事一覧 -つくば市 不妊の整体鍼灸情報【妊活と甲状腺】

つくば市 不妊の整体鍼灸情報【妊活と甲状腺】

2018.07.24 | Category: 婦人科・妊婦・産後の記事

こんにちは!
リーフ治療院つくば本店、院長の根本です^ ^

本日は、不妊症と甲状腺についてお伝えしていきたいと思います。

のど

皆さま、まず始めに「甲状腺」って何かご存知ですか!?

【甲状腺とは】

甲状腺とは、喉の下にある器官で、主にホルモンを分泌するところです。

甲状腺のホルモンは、カラダの代謝を促すなどの働きがあります。

ちなみにこのホルモンが過剰になったり、低下することで、カラダにとって様々な不具合が生じてきます。

例えば、ホルモンが過剰になった場合、カラダの変化としては、

・脈が速くなる
・多汗になる
・暑がり
・不眠
・振戦

などの症状が起こってきます。

疾患の一つとして、「バセドウ病」が挙げられます。

バセドウ病とは、自己免疫疾患の一つで、若い女性に多いとされています。甲状腺ホルモンを分泌し過ぎてしまうことで、眼球突出や首回りの腫れ、頻脈などの症状を引き起こすと言われています。

逆にホルモン分泌が低下した場合、症状としては、

・寒がり
・脈拍が遅い
・体重増加
・気力低下
・むくみ

などが起こってきます。

分泌低下による疾患の一つとして、「橋本病」が挙げられます。橋本病も自己免疫疾患の一つです。橋本病の方が全員、機能低下するわけではありませんが、人によって甲状腺機能の低下がみられます。

【不妊と甲状腺の関係】

それでは、不妊症と甲状腺はどのような関係があるのでしょうか。

結論から言いますと、甲状腺ホルモンの分泌異常が起こることで、カラダのバランスが崩れ、不妊症につながる可能性が出てきます。

甲状腺ホルモンは代謝や成長に関わっているため、卵胞の成長に少なからず関係していることが考えられます。

例えば、甲状腺機能が低下している場合、排卵が起こりにくい状態となります。

逆に甲状腺機能が亢進している場合、生理のサイクルに乱れが起きやすくなります。

また、ホルモンの影響を受け、プロラクチンの分泌に問題が起こることも考えられます。

このように甲状腺機能は、妊活中の方にとって、重要な要素になります。

もし、甲状腺機能に問題があるかもと思った方は、早めに病院受診することをおすすめします。そして甲状腺に異常があった場合は、病院で適切な治療を受けることが大切です。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/
(不妊症でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/funin


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております