- Blog記事一覧 -つくば市 自律神経の整体鍼灸情報【必要な栄養素②】

つくば市 自律神経の整体鍼灸情報【必要な栄養素②】

2018.06.28 | Category: 自律神経系の記事

こんにちは!リーフ治療院つくば本店、院長の根本です!

本日は、店舗が休業日だったので、友達がやっているお店(店名:ゴーティー)に遊びに行ってきました。

飲食店

つくば市の栄という場所にありますので、気になった方はぜひ遊びに行ってみて下さい^ ^

本日は、ゴーティーのランチにも含まれていた、自律神経の不調に必要な栄養素についてお伝えしていきたいと思います。

食べ物

お伝えする栄養素は2つ。

ビタミンA
ビタミンC

です。

これらのビタミンは、先日お伝えした、ビタミンB群、カルシウム、糖質制限に加え、大切な栄養素になっています。

【ビタミンAとは】

ビタミンAとは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一つです。またβカロテンという言葉をよく耳にすると思いますが、このβカロテンは植物に含まれている成分で、カラダの中でビタミンAに変化します。

機能としては、目の機能や皮膚・粘膜の維持、抗酸化作用などの働きがあります。

そして、ビタミンAは自律神経の調整にも関わりがあると考えられています。

ただ注意して頂きたいのは、過剰摂取です。普通の食事の中で過剰になることは少ないですが、サプリメントや偏った食事によって許容範囲を超えると、健康障害が出てくることがあるので、気をつけていきましょう。

ビタミンAが多く含まれている食品としては、レバー、卵、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどが挙げられます。

もし、ビタミンAを積極的に摂りたい場合は、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜から摂取することをおすすめします。理由としては、緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、カラダの中で必要に応じてビタミンAに変換されるので、過剰摂取になりにくいと考えられています。

【ビタミンC】

ビタミンCと聞くと、レモンなど柑橘類を思い出す人が多いのではないでしょうか。

ビタミンCは水溶性ビタミンの一つで、皮膚・粘膜の維持、ストレスへの抵抗力、免疫、抗酸化作用など、カラダにとても重要な栄養素です。

ビタミンCは、体内では作られないので、食べ物からしっかり摂取するべきビタミンです。

多く含まれている食品としては、レモン、グレープフルーツ、キウイ、アセロラ、トマトなどが挙げられます。

ビタミンCは、ビタミンAに比べ、過剰摂取による健康障害が少ないビタミンですので、積極的な摂取をおすすめします。

今回挙げた2つのビタミンは、自律神経のバランスに関わる、とても重要なビタミンですので、不足しないよう、ぜひ意識してみて下さい。

リーフ治療院では、自律神経の乱れに対する整体、鍼灸施術を行っています。

もし、自律神経の乱れでお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/
(自律神経失調症でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/jiritsu


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております