- Blog記事一覧 -つくば市 妊婦の整体鍼灸情報【子宮外妊娠とは】

つくば市 妊婦の整体鍼灸情報【子宮外妊娠とは】

2018.02.10 | Category: 婦人科・妊婦・産後の記事

こんにちは!リーフ治療院つくば本店、院長の根本です!

本日は、妊娠時に起こるトラブルの一つ、「子宮外妊娠」についてお伝えしていきます。

妊娠

【子宮外妊娠とは】

子宮外妊娠とは、子宮内膜以外で着床することを言います。通常、卵巣で受精した受精卵は、卵管を通り、子宮の内膜に着床します。

しかし何らかの原因によって、子宮に着床せず、他の場所で育ってしまうことがあります。

子宮外妊娠の発生場所のほとんどは、卵管で起こります。割合で言うと、9割以上と言われています。

子宮外妊娠は、100人に1〜2人に起こると言われているので、誰にでも起こる可能性があるものです。

【子宮外妊娠の原因】

子宮外妊娠の原因は、主に3つ。

卵管異常によるもの

子宮内膜症や性感染症、術後などが原因で、癒着が起こり、その癒着が卵管に異常をもたらすと考えられています。

受精卵の動きによるもの

受精卵が何らかの異常により、子宮内膜に辿り着けないために起こってきます。

子宮異常によるもの

中絶の手術の経験などで、子宮内の環境が変化し、子宮外妊娠を起こす場合があります。

【子宮外妊娠の症状】

初期の段階では、目立った症状はみられませんが、妊娠6週くらいになってくると、人によって下腹部痛や腰痛、不正出血などの症状が現れてきます。

子宮外妊娠は、卵管破裂によって出血性ショックのリスクも出てきます。

【妊娠したらと思ったら】

正常に妊娠した場合、子宮外妊娠の場合、どちらも妊娠検査薬では、陽性を示します。

まず妊娠が分かった時点で、病院受診することが重要です。胎嚢が子宮内にあるか確認し、正常に妊娠しているか見わける必要があります。

先程もご説明したように、子宮外妊娠は卵管破裂などによって、命の危険が伴うものです。

子宮外妊娠によるリスクを減らす意味でも、妊娠した可能性がある場合は、早めの受診を心掛けましょう。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております