- Blog記事一覧

Blog記事一覧

つくば市 不妊の整体鍼灸情報【AMHの考え方】

2018.07.16 | Category: 婦人科・妊婦・産後の記事

こんにちは!
リーフ治療院つくば本店、院長の根本です^ ^

以前のブログでもお伝えしましたが、本日は「AMH」の考え方についてお話していきたいと思います。

卵巣

まず始めに、AMHとは何かについてお伝えします。

AMHとは、卵胞が原始卵胞から育つ過程において、分泌されるホルモンのことを言います。

簡単に言うと、卵巣にどれだけの卵が残っているかの判断基準になります。一般的にAMH値は「卵巣年齢」と言われています。

ですので、AMH値が低い場合、現在残っている原始細胞の数が少ない状態であることが考えられます。

※原始卵胞とは、生まれた時から数が決まっており、年齢を重ねるごとに減少していきます。また原始卵胞は、成熟するまで数ヶ月の時間を要すると考えられています。

そして、本日一番お伝えしたいことは、AMHの値が低いからといって、妊娠が出来ないわけではないということです。妊娠の確率は、卵巣年齢よりも、老化や生活習慣に影響を受ける「卵子の質」に左右されることが考えられます。

実際、年齢が若い方でも低い数値を示すことがあったり、また低い数値の方でも、妊娠している方はいらっしゃいます。

妊娠を考えた時、AMHの値だけにとらわれる必要がないということです。

AMHは、あくまでも目安です。

重要なことは「」であり、いかに質の高い卵子で、排卵や受精を行えるかがポイントとなります。

実際、老化が進んでいない年齢の若い方のほうが、妊娠率は高い傾向にあります。

ただし、卵子の質は、年齢だけでなく、生活習慣やカラダの不調など様々な要因が関わっていることが考えられます。

リーフ治療院では、血液循環を促す施術を通して、質の高い卵子を育てるためのお手伝いをさせて頂いております。

不妊症でお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/
(不妊症でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/funin

つくば市 整体鍼灸情報【筋トレ生活】

2018.07.14 | Category: 健康情報

こんにちは!
リーフ治療院つくば本店、院長の根本です^ ^

昨日は、店舗のほうがお休みでしたので、ジムへトレーニングに行ってきました。

久しぶりのトレーニングでしたので、かなりの筋肉痛です。

特に背中と胸が、、、。

というわけで、本日はトレーニングの知識について、お伝えしていきたいと思います。

ウェイトトレーニング

トレーニングを行う目的として、人それぞれだと思います。

「夏なので、シェイプアップしたい」

「30代、40代と年齢を重ねるごとにカラダがたるんできた」

「お尻がたれてきたので、アップしたい」

など、様々です。

どうしたら、その目標が達成できるのか!?

ポイントは3つです。

それは、「方法」「食事」「継続」です。

①トレーニングの方法

トレーニングの方法については、目的にあった方法を選択する必要があります。

例えば、筋肉を増やして、パワーをつけたい人が、ランニングなど有酸素運動だけを行っていては、ついてきません。

トレーニングには、効果を出すための負荷や時間があります。

筋肉量を増やしたい人は、ある程度の強い負荷が必要です。8〜12回の回数で限界をむかえる負荷が良いとされています。そしてさらに、その負荷で何セットか行う必要があります。

また、脂肪を燃焼させたい方は、有酸素運動が必要になってきます。負荷としては、最大心拍数の60%くらいになります。このくらいの負荷になると、汗がジワッとかいてきます。そして、この負荷で20分以上行うことが大切になってきます。

ちなみに、私が昨日行った負荷としては、

12回限界の負荷で5セット
セット間のインターバルを1分30秒

で行いました。(それに加えて、心拍数130〜140で30分の有酸素運動運動を行いました。)

このように、トレーニング効果を出すためには、目的に合った負荷や時間をかけ、カラダに負担をかける必要があります。

②食事

食事についても、目的によって異なります。

例えば、ダイエット目的の方ですと、基本的には摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えていきます。さらに、タンパク質やビタミンなどを積極的に摂取し、筋肉の修復もする必要があります。

よく、プロテインを飲むと太ると言いますが、プロテイン自体は栄養素ですので、食事をコントロールすることによって、より効果的に結果が出せます。

③継続

この継続が一番大切かもしれません。

トレーニングの効果が出るまでには、時間が必要です。最低でも3ヶ月はみた方が良いです。

しっかりとトレーニングを続けていれば、3ヶ月後には、効果が現れてくるでしょう。

整体の効果もそうですが、体質改善するのにも時間が必要になってきます。(自律神経系や女性ホルモン系は特にそう言えます。)

カラダを変えるためには、自分のカラダとしっかり向き合い、正しい知識を実践することがとても重要です。

カラダの不調でお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/

つくば市 不妊の整体鍼灸情報【冷えと不妊の関係】

2018.07.11 | Category: 婦人科・妊婦・産後の記事

こんにちは!
リーフ治療院、院長の根本です。

皆さん、カラダの冷えと不妊には、どのような関係があると思いますか!?

冷え

冷え性と不妊は、関連性が大きくあり、切っても切れない関係と言っても良いと思います。

なぜ、冷えが良くないのか!?

冷え=血流低下

と考えても宜しいかと思います。

冷え性は、血流が低下している一つの目安になります。

カラダのどこかに冷えを感じるということは、全身を循環している血液が上手く巡っていないということになります。

血液循環が低下すると、カラダにどのような影響が起こるのか!?

血液循環が低下することで、

(機能面でいうと)
カラダに必要な栄養を上手く運搬できない
老廃物の排泄力が落ちる

(カラダの表に現れる面でいうと)
内臓の不調につながる(便秘など)
筋肉の緊張(首や肩、腰の張りなど)
肌トラブル

などの影響が起こる可能性が出てきます。

不妊症でみていくと、血液循環が低下することで、骨盤内の血流低下ホルモンの乱れなどに影響があると考えられます。

カラダに血液を十分にめぐらせ、正常に機能できる体質にすることが大切です。

本来の機能が発揮できることで、質の良い卵子が育ち、妊娠が維持できる子宮環境に近づくことができます。

「冷え性だから、妊娠ができない」というわけではありません。

しかし、冷え性があるということは、カラダに何かしらの不具合があるというサインでもあります。

冷え性が良くなれば、体質が変わり、目標である妊娠、そして出産に近づけるのではないでしょうか。

リーフ治療院に通っている方の中には、手足の末端に冷えを感じている方が多くいらっしゃいます。(中には、お腹や腰に冷えを感じている方も)

施術の中でも、冷えに関しては確認している項目の一つで、冷え症状は体質変化の目安になっています。

不妊症や冷え性でお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/
(不妊症でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/funin
(冷え性でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/hieshou

つくば市 頭痛の整体鍼灸情報【夏に起こる2つの理由】

2018.07.07 | Category: 自律神経系の記事

こんにちは!リーフ治療院つくば本店、院長の根本です!

本日は、夏の時期に起こりやすい頭痛についてお伝えしていきます。

頭痛

【頭痛の種類】

多くの方が悩まされている、頭痛。

頭痛には、大きく分けて3タイプあります。

血管が拡張し、ズキズキするような痛みを引き起こす「偏頭痛」

血流が低下し、筋肉の緊張によって起こる「緊張型頭痛」

目をえぐられるような強い痛みを引き起こす「群発型頭痛」

また、これらの代表的な頭痛に加え、偏頭痛と緊張型頭痛が起こる混合型というものもあります。

【夏に起こりやすい理由】

大きな理由としては、2つ考えられます。

筋肉の緊張
水分不足

です。

①筋肉の緊張による頭痛

このタイプの場合、多くは「緊張型頭痛」です。

理由としては、「冷房」の影響を強く受けるためと考えられます。そして、デスクワークの方など、冷えた室内で動きがあまりないことも、筋肉が緊張する原因になります。

②水分不足

夏は1年を通して、汗をかきやすい時期です。

水分が体内から出ることで、脱水状態になります。すると、血液の材料でもある水分が足りない状態になり、血液循環が低下してしまうことがあります。

そして、結果的に血液循環が落ちることで、血管運動がいつものように働くことが出来ず、頭痛を引き起こす一因になると考えられます。

このように、夏は頭痛が起きやすい環境でもありますので、水分補給や血液循環が落ちないよう、十分な対策をとっていきましょう。

リーフ治療院では、整体や鍼灸の施術を通して、血液の循環を上げ、カラダの機能が上手く働ける環境作りを目指しています。

施術方法は以下のような形で行っていきます。

内臓と頭の調整
全身の歪み調整
頭痛に対する鍼灸施術

※鍼灸施術については、お身体の状態を判断した上で、ご提案させて頂きます。

頭痛の症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/
(頭痛でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/zutsuu

つくば市 不妊の整体鍼灸情報【基礎体温表の使い方】

2018.07.06 | Category: 婦人科・妊婦・産後の記事

こんにちは!リーフ治療院つくば本店、院長の根本です!

本日は、以前にもお伝えしたことがあります、「基礎体温」についてお話していきたいと思います。

基礎体温表

基礎体温には、大きく分けて「高温期」と「低温期」があります。

【高温期】

高温期とは、排卵した後から14日前後の期間を指します。この時期は、プロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌され、子宮内膜を維持しようとします。そして、妊娠が成立すると、高温期が続き妊娠が維持されます。逆に妊娠が成立しないと体温が下がり、生理(月経)が起こります。

【低温期】

低温期に入ると、体温が下がり、生理(月経)が起こってきます。生理後は、エストロゲンという卵胞ホルモンの影響を受け、子宮内膜が厚くなり、妊娠が成立する時期に向けて準備を行います。

【高温期と低温期の考え方】

高温期と低温期の体温差は、だいたい0.3〜0.5度くらいが一般的です。

ここでお伝えしておきたいことは、

皆が理想的な基礎体温には、ならないということです。

確かに、高温期と低温期がきっちり分かれた2相の体温になることはベストです。しかし、妊娠している方でも、教科書に載っているような理想的な基礎体温表になっていないことは多々あります。

ですので、基礎体温の乱れが少しあったとしても、気にし過ぎないようにしていきましょう。

しかし、基礎体温を計測している中で、極端に高温期が短かったり、高温期と低温期が全く分からないくらいガタガタだったりした時は、何かしら原因があるかもしれないので、その原因を見つけ、改善することが必要になってくるかもしれません。

基礎体温が全てではありませんが、カラダの状態や変化、排卵日などを把握するためには、基礎体温の計測はとても有効なものですので、妊活中の方は、ストレスがかかり過ぎない程度に、一つの目安として計測していきましょう。

リーフ治療院には、タイミング療法、人工授精、体外受精など、不妊治療を行っている方が多くいらっしゃっています。

私たちは、整体や鍼灸の施術を通じて、体質を改善し妊娠力のあるカラダ作りを目指しています。

不妊症でお悩みの方がいらっしゃいましたら、リーフ治療院にご相談下さい。一緒に体質の根本改善を目指していきましょう。

【お問い合わせはこちらまで】
リーフ治療院 つくば本店-無痛整体・はり・きゅう-
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102
TEL029-819-0930
(公式HP)
http://leaf-tiryouin.com/
(不妊症でお悩みの方)
http://leaf-tiryouin.com/funin

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻3-17-11 メルベーユ吾妻102

駐車場

3台あり

休業日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております